韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 - 金善美

韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法

Add: avopaqu99 - Date: 2020-12-08 15:58:49 - Views: 160 - Clicks: 282

11 Description: v, v, 174p ; 22cm Authors: 金, 善美(1972-) Catalog. 噂にきいていた通り、それは馬なのか人なのか区別がつかないもので. はじめに 指示詞2とは、意味的には、談話3が行われている現場に存在したり談話の 中で登場する指示対象を指し示すために使われる言葉である。また形態的に. 金 善美『韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 11 形態: v, v, 174p ; 22cm 著者名: 金, 善美(1972-) 書誌ID: BAISBN:.

韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法: Author: 金善美: Publisher: 風間書房, : ISBN:,: Length: 174 pages : Export Citation: BiBTeX EndNote RefMan. ユーザーレビュー|韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法|書籍, 本情報|語学・教育・辞書|HMV&BOOKS online Pontaポイント使えます!. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 - 金善美のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 日本語--指示詞: 分類・件名: ndc8 : 815 ndc8 : 810. Bib: BAISBN:. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 フォーマット: 図書 責任表示: 金善美著 言語: 日本語; 韓国語・朝鮮語 出版情報: 東京 : 風間書房,. 11 形態: v, v, 174p : 挿図 ; 22cm 著者名: 金, 善美(1972-) 書誌ID: BA79586072.

コ・ソ・アとi・ku・ceの感情的直示用法と 間投詞的用法について1 金 善 美 1. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 - 金善美 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 3 NDLSH : 英語 -- 代名詞 NDLSH : 日本語 -- 代名詞: 注記: 引用作品: p213-215 引用文献: p216-226 索引: p227-231: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ニチエイゴ ダイメイシ ノ ケンキュウ: TTLL: jpn: 著者名ヨミ: カンザキ. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 定価:本体 7,000 円+税 実際の談話資料等に基づき、韓国語と日本語の指示詞の用法を網羅的に扱い両者の相違点と共通点を究明。.

初めての韓国語―テキスト+cdセット. 日本語--代名詞; 英語--代名詞: 分類・件名: NDC8 : 835. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 Format: Book Responsibility: 金善美著 Language: Japanese; Korean Published: 東京 : 風間書房,. 金善美著, 『韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法』, 年11月30日発行, 風間書房刊, A5判横組み, 192ページ, 7,000円+税, ISBN記載なし 日本語の研究 3(3), 85,.

韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 著者: 金善美 出版社: 風間書房 サイズ: 単行本 ページ数: 174p 発行年月: 年11月 人気blogランキング 【目次】(「BOOK」データベースより). 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法: 著者: 金善美 著 著者標目: 金, 善美, 1972-出版地(国名コード) jp: 出版社 金善美 出版年月日等: : 大きさ、容量等: 1冊: 注記 博士論文 注記 博士論文 出版年(w3cdtf) : ndlc: ut51: 資料の種別: 図書: 資料の. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 / 金善美著 Format: Book Reading of Title: カンコクゴ ト ニホンゴ ノ シジシ ノ チョクジ ヨウホウ ト ヒチョクジ ヨウホウ Language: Japanese; Korean Published: 東京 : 風間書房,. 第1部 研究の概観(はじめに;先行研究) 第2部 韓国語と日本語の指示詞の用法(現場指示:用法の選択原理とemotional deixis;文脈指示:非直示用法の下位分類として;観念指示:定義と用法;現場指示と直示の象徴的用法の関係;コ・ソ・アとi・ku・ceの指し示す情報の談話モデル内の.

年11月 「現場指示と直示の象徴的用法の関係 -日韓対照研究の観点から-」 (単著),『日本語文法』4-1:pp. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 - 金善美のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法. 田窪行則, 金善美. 【tsutaya オンラインショッピング】韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法/金善美 tポイントが使える・貯まる. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 / 金善美著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: カンコクゴ ト ニホンゴ ノ シジシ ノ チョクジ ヨウホウ ト ヒチョクジ ヨウホウ 言語: 日本語; 韓国語・朝鮮語 出版情報: 東京 : 風間書房,. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 - 金善美 日本語にはコ・ソ・アの語根を持つ指示詞の体系があり,韓国語にもこれに対応する三つの指示詞があるが,その用法は 微妙に相違している。 本論文は日本語と韓国語の指示詞を詳細に比較対照し,その用法の違いを体系的に明らかにしたもの. 『韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 』.

11 Description: v, v, 174p : 挿図 ; 22cm Authors:. 7 ndlc : kf72 ndlsh : 日本語 -- 指示詞: 注記: 執筆: 田中望, 正保勇 参照文献一覧: p49-50 参考文献: p121-122 第3刷のisbn:: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ニホンゴ ノ シジシ: 著者名ヨミ: コクリツ コクゴ ケン. 金善美 、 松尾勇 | /2/1. 『韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法』 金善美(朝鮮語学、日本語学、言語学) 風間書房() 소문에 듣던대로 그것은 말인지 사람인지 알 수가 없는 것이였기 때문이다. 第1部 研究の概観(はじめに 先行研究) 第2部 韓国語と日本語の指示詞の用法(現場指示:用法の選択原理とemotional deixis 文脈指示:非直示用法の下位分類として 観念指示:定義と用法 現場指示と直示の象徴的用法の関係 コ・ソ・アとi・ku・ceの指し示す情報の談話モデル内の登録領域て指示の. 韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法: 著者: 金善美: 出版社: 風間書房, : ISBN:,: ページ数: 174 ページ : 引用のエクスポート: BiBTeX EndNote RefMan. 日本語と韓国語のほめに関する対照研究: 主題: 日本語--談話分析; 朝鮮語--談話分析: 注記: 参考文献: p265-274: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ニホンゴ ト カンコクゴ ノ「ホメ」ニ カンスル タイショウ ケンキュウ: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ:.

韓国語と日本語の指示詞を研究対象に、一連の談話での指示詞の直示用法と非直示用法を比較分析。両言語の指示詞の体系上の相違点と共通点や、談話モデルにおける各指示用法の性質などを明らかにする。【「trc marc」の商品解説】. 金善美他 『年度韓国言語学会冬季学術大会資料集』. 『韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法』 (単著),京都大学大学院博士論文,133頁(pp.

11 形態: v, v, 174p : 挿図 ; 22cm 著者名: 金, 善美(1972-) 書誌ID: BAISBN:. カンコクゴ ト ニホンゴ ノ シジシ ノ チョクジ ヨウホウ ト ヒチョクジ ヨウホウ.

韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 - 金善美

email: ywyqyfy@gmail.com - phone:(362) 616-3383 x 8215

アジア遊学 特集:日本庶民文芸と中国 - リービ英雄 ヘンリーたけしレウィツキーの夏の紀行

-> リンクルミリオン 1.000yen map 宮城県市街道路地図 2008
-> 司法試験予備試験体系別短答過去問 民法1 平成29年 - 中央大学真法会

韓国語と日本語の指示詞の直示用法と非直示用法 - 金善美 - ぼくは恐竜造形家 荒木一成


Sitemap 1

ダーク・タワー7 暗黒の塔 - スティーヴン・キング - FUTURE BACK Part GALE